沖縄釣り情報 [有釣天] 那覇一文字 タマン大漁

©株式会社沖縄タイムス社

那覇一文字で64.5センチ、3.45キロのタマンを釣った新垣克さん=7日

 6日、産卵後に餌を求めて浅場に移動してくるタマンの群れを求めて那覇一文字の新堤に渡った新垣克さん。友人と2人、この日の最終便で渡り3本の竿(さお)を並べた。大型連休前に訪れた際には、新垣さんが平均60センチを3匹、同行した釣友も5匹釣った。前回同様、道糸PE6号、ハリス40号、タマン針22号の太いタックルで取り逃がしを防ぐ作戦だ。

 午後9時、水深10メートルある海底から待望のファーストヒット。手際よく最初の1匹を手にすると、1時間おきに1匹のペースでタマンのアタリが続いた。翌日の午前6時に上がった最後の1匹の64.5センチ、3.45キロを筆頭に8匹をそろえた。

◇    ◇

 毎年雨が多くなるこの時期、知念海岸の防波堤の消波ブロックに回遊するカーエーを狙って釣行する垣沼勝さん。水深は5メートル。食い気ある活性の高さを利用して、獲物を中層まで浮かせて釣る手法を選択する。フカセ用の配合餌、グレパワーV9、アミパワーをブレンドして海中に拡散させる。

 11日午前7時にスタート、アーガイやトカジャーに混じって数匹の中型カーエーが視認できた。午後1時30分、中層に沈んだ4号ハリスとグレ7号の仕掛けにカーエーがヒットした。テトラに向かう鋭いツッコミを巧みなロッドワークで交わして44.2センチ、1.73キロのカーエーを釣り上げた。

(名嘉山博 釣りPower)

知念海岸で44.2センチ、1.73キロのカーエーを釣った垣沼勝さん=11日
浜比嘉島で42センチ、1.16キロのカーエーを釣った大庭弘也さん=5月13日
西崎一文字で62センチ、4.26キロのマクブを釣った名嘉伸一さん=4
浦添市の小湾川で44センチ、1.43キロのミナミクロダイを釣った福地悠太さん=19日
恩納村海岸で57.5センチ、2.28キロのタマンを釣った石原晃弥さん=5月18日
玉城海岸で68センチ、3.7キロと56.5センチ、2.15キロのタマンを釣った新垣直也さん(左)とルルちゃん=5月7日
津堅島で64センチ、3.03キロと60.5センチ、2.37キロのタマンを釣った砂川智也さん=5月5日