東京No.1のチーズケーキなら赤坂の名店へ!こだわりの味を徹底解剖!

©東京カレンダー株式会社

老舗洋菓子店『西洋菓子 しろたえ』は、名物「レアチーズケーキ」の他にも、シュークリームやガトーフレーズなど人気アイテムが盛りだくさん。

それら全てを紹介します!

「レアチーズケーキ」(1カット260円)

老舗洋菓子店の名物レアチーズケーキの美味しさに迫る

1976年創業の老舗洋菓子店『しろたえ』。スイーツ好きならずとも一度はその名を聞いたことがあるのではないだろうか。

同店をここまで有名にしたのは1日500個売れる事もあるという名物のひとつが「レアチーズケーキ」だ。

テイクアウトはもちろん、喫茶スペースでイートインも可能

酸味と滑らかな口当たりが濃厚な味わいをサポート

ひと口頬張ると、濃厚なクリームチーズの味わいが広がっていく。それだけでなく、口当たりもねっとりと濃厚。

ここまで濃厚さが際立つと重たいのではと感じるかもしれないが、絶妙なバランスで加わるレモンの酸味と、土台となっているバターと多く使ったビスケットの香ばしさがそれを感じさせないのだ。

随時補充されていくため完売することは稀だというが、必ずゲットしたいなら予約や取り置きがおすすめだ

混ぜ方に技あり!滑らかな口当たりはこうして生まれる

2種類のデンマーク産クリームチーズ、砂糖、レモンというシンプルな材料のみで作られるからこそ生み出される濃厚な味わい。

美味しさを際立たせる滑らかな口当たりを生み出すポイントとなっているのが混ぜ方である。

裏ごしはせずに空気を含ませながら混ぜることで、粘りや甘みが最小限に抑えつつ、極上の食感が生まれるのだ。

「チーズレモンパイ」(1カット350円)

レモンとクリームチーズで作られるクリームの酸味がクセになる「チーズレモンパイ」や長い時間蒸し焼きにし、ゆっくりと火を通すことでしっとりふわふわ食感に仕上げる「フロマージュ・スフレ」といったチーズケーキも揃う。

「フロマージュ・スフレ」(1カット350円)

シュークリームもぜひ食べてほしい!

「シュークリーム」(1個180円)

クリームに潜む洋酒の香りが大人を癒す

『西洋菓子 しろたえ』の名物はもうひとつある。それが「シュークリーム」だ。

パクッと頬張ると、シュー生地の中から香り高いカスタードクリームが溢れ出し、一気に口いっぱいに甘みと香りが広がっていく。

カスタードクリームの香りもぜひ楽しんで

この大人好みのいい香りを生み出しているのがコニャックとグランマニエといった2種類の洋酒。

ちょっとした空き時間に訪れた時や、差し入れで味わった時、このシュークリーム香りと甘みが心を癒してくれるのだ。

「ガトーフレーズ」(1カット390円)写真手前)甘酸っぱさが特徴的な「フランボワーズ」(1カット350円)

ファンの多い「ガトーフレーズ」も必食の美味しさ

常連の中でもファンの多いケーキのひとつが「ガトーフレーズ」だ。

イチゴが上にのるショートケーキ定番の型には敢えてはめず、どこを食べてもイチゴが均等に味わえるように配されている。

また、スポンジと生クリーム、そしてイチゴを一緒に味わった時のバランスが最高の状態となるよう計算し尽くされた柔らかさで作られるガトーフレーズ専用のスポンジの美味しさにも注目したい。

写真奥)「ショコラノワ」(1カット390円)写真手前)「ガナッシュ」(1カット350円)

他にも、くるみが入ったココアスポンジとバタークリームで作られる「ショコラノワ」や、生チョコレートをたっぷりと使用した濃厚な味わいの「ガナッシュ」など、常時30種ほどがショーケースに並んでいる。

「焼菓子詰め合わせ」

チェリーやクルミ、レーズンなどそれぞれ違った香り高い洋酒に漬け込んだものがたっぷりと入る「パウンドケーキ」や素材の美味しさを堪能できる「マドレーヌ」など、焼菓子も充実。

好みのものを選んで詰め合わせにすれば、手土産にも最適だ。

ケーキがズラリと並ぶショーケース

ちょっとした空き時間に訪れるもよし、差し入れや手土産を購入するもよしの『西洋菓子 しろたえ』。

老舗が手がける変わらぬ味に癒されてみてはいかがだろう。