列車なのにレストラン!「旅するレストラン」の本格フルコースでセレブ気分♪

©(株)東京放送ホールディングス

日本には、様々なコンセプトを持った列車が存在しますが、車両の中にレストランがある列車をご存知ですか?
しかも料理は2時間のフルコースと本格的だとか。一体どのようになっているのか、さっそくリサーチしてきました!

本当に列車⁉まるで本格レストラン!

その列車とは、新宿から埼玉県・秩父を結ぶ観光列車「旅するレストラン 52席の至福」。4両編成になっていて、客室は2号車と4号車です。

木の温もりを活かした落ち着きのある空間で、高級感もあります。

本格的なフルコースが生み出されているのは、3号車の厨房車両です。この車両からお客さんのもとへ、出来たての温かい料理が振る舞われていきます。

ちなみに1号車は結婚式などにも使われる多目的スペースだそう。
いずれも乗車の際には、本格レストランのようにレッドカーペットでお出迎えしてもらえますよ!

車窓の眺めを楽しみながら絶品フルコース♪

「旅するレストラン 52席の至福」でいただけるのは、秩父の食材にこだわったフレンチのフルコース。

まずは、食事の前にスパークリングワインで乾杯しましょう。

コースでは、秩父産の卵を使用したエッグベネディクトなど、列車でいただけるとは思えない本格的なお食事を味わうことができます。

ある日のメインディッシュは、牛肉を使った一皿。

コースの最後を飾るのは、埼玉の狭山茶を使用した抹茶のデザートです。

抹茶味のカタラーナと、酸味の効いたイチゴソースとの相性が抜群。料理はどれも、電車の中で食事をしていることを忘れそうなほど質の高いものばかりです!

素敵な空間で車窓からの景色を楽しみながら、本格的なフルコースを堪能できるとは、とても優雅な体験ですね。ちょっとした記念日や特別なお出かけに、是非乗車してみてください。

王様のブランチ(TBS系列土曜9時30分~14時)