上原浩治投手の流行語大賞になった言葉は?

©株式会社ジェイ・キャスト

平成が終わって、さまざまな平成回顧本が出ている。平成元年から31年まで、それぞれの都市にちなんだ言葉を使って、1年につき1問のクロスワードパズルを掲載したのが本書『平成クロスワード』(ニコリ)。解答のページにはその年のできごと、流行などが丁寧に解説されている。パズル出版の老舗・ニコリならではの一冊だ。

スポーツ、流行語、「ことば」で振り返る「あの年」

たとえば平成11年(1999年)。ヨコのカギに

「プロ野球セ・リーグの新人王、巨人の上原浩治投手の言葉。新語・流行語大賞にも選ばれた」

とある。答えは8文字(*1)。

上原はつい先日引退を発表しただけに、「そうか、ちょうど20年前にデビューしたのか。」とうなずきながら鉛筆を動かすのが気持ち良い。待てよ、あの年のパ・リーグ新人王は誰だっけ、と思っていたら、やっぱりあった。

「プロ野球パ・リーグの新人王―――大輔投手の言葉「リベンジ」は新語・流行語大賞に選ばれた」(*2)

そうか、どちらも新人王と流行語大賞を獲ったのか。

同じ年頃の友人と楽しむもよし、子どもが生まれた年の問題を親子で懐かしみながら楽しむもよし。ひとりで解くより、何人かで集まってワイワイ、昔話に花を咲かせながら解く方が数倍楽しいだろう。

さすがに4か月間だったこともあり、サイズは小さいが平成31年も用意されている。

最後のカギはもちろん、

「4月1日に発表された新元号。出典は『万葉集』で、日本の古典が典拠となるのは史上初めて」

この問いの続編が出るのは果たして何年後になるか、こればかりはその時にならないと答えは出ませんね。

平成関連で本欄では『平成金融史』

答え

*1 ザッソウダマシイ*2 マツザカ

  • 書名:平成クロスワード
  • サブタイトル: 31年を振り返る31問
  • 監修・編集・著者名: ニコリ 編著
  • 出版社名: ニコリ
  • 出版年月日: 2019年5月15日
  • 定価: 本体1750円+税
  • 判型・ページ数: A4判・128ページ
  • ISBN: 9784890727780

(中公新書)、『どう変わったか? 平成の鉄道』(交通新聞社)、『平成くん、さようなら』(文藝春秋)、『テレビが映し出した平成という時代』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『生活者の平成30年史』(日本経済新聞出版社)、『平成の東京12の貌』(文春新書)、『平成精神史』(幻冬舎新書)、『旅する天皇――平成30年間の旅の記録と秘話』(小学館)なども紹介している。(BOOKウォッチ編集部