西武5連勝で単独2位浮上 ロッテは清田の4戦連発弾で逆転勝ち…25日のパ・リーグは?

©株式会社Creative2

ロッテ・清田育宏【写真:荒川祐史】

オリックスは成瀬が6回途中1失点と好投し、終盤に逆転勝ち

 パ・リーグは25日、各地で3試合が行われ、西武、ロッテ、オリックスがそれぞれ勝利した。

 西武は本拠地メットライフドームで日本ハムと戦い、7-5で勝利して5連勝を飾った。初回、秋山の先頭打者本塁打を皮切りに大量4点を奪って先制すると、2回にも秋山が前日から3打席連発となるソロ本塁打を放ってリードを広げた。4回に多和田が一気に5点を失って試合を振り出しに戻されたが、7回に中村の押し出し四球と栗山の犠飛で2点を勝ち越した。日本ハムは先発のバーベイトが2回途中5失点と炎上。4番手で崩れた堀も誤算だった。西武は今季最多の貯金3とし、単独2位に浮上した。

 ロッテは本拠地ZOZOマリンスタジアムでソフトバンクに逆転勝ちした。初回にレアードの適時打、2回には平沢の今季初アーチで2点を先行した。ボルシンガーが6回に逆転を許したが、7回に清田が4戦連続の本塁打となる起死回生の逆転2ラン。試合をひっくり返すと、8回を酒居、9回を西野が抑えて逃げ切り5割に復帰した。ソフトバンクは先発の高橋礼が7回途中3失点。2番手の松田遼が清田に逆転弾を被弾して逆転負けを食らった。

 オリックスは敵地・楽天生命パークで楽天と戦い、4-1で逆転勝ちした。今季2度目の先発だった成瀬が浅村のソロの1点のみに抑え、5回2/3を投げて3安打1失点と好投。左腕は1051日ぶりの白星とはならなかったものの、終盤に味方打線が逆転に成功。7回にロメロが岸から同点弾を放つと、8回に吉田正、ロメロの連続適時打で3点を奪って勝ち越した。楽天は岸が開幕戦以来の先発マウンドに上がり、7回1失点と好投。だが、2番手の宋家豪がつかまり、逆転負けを喫した。(Full-Count編集部)