西川貴教が「スカーレット」で朝ドラ初出演!「他の楽屋がザワつくほど驚いた」

©株式会社東京ニュース通信社

9月30日スタートのNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜午前8:00=NHK大阪放送局制作)の新たな出演者が発表され、世界的な芸術家・ジョージ富士川役で西川貴教が連続テレビ小説初出演することが決まった。

ドラマは滋賀県の焼き物の名産地・信楽を舞台に、戦後の高度経済成長期に男性ばかりの陶芸の世界で、女流陶芸家の草分けとして歩み始めるヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の姿を描くストーリー。

西川は「出演のお話を聞いた時は、舞台本番の楽屋だったのですが、廊下に声が響いて他の楽屋がザワつくほど驚きました。信楽焼を題材に、僕の出身地でもある滋賀県が舞台になっている作品ということで、滋賀ふるさと観光大使として、地域の素晴らしさも存分にお伝えできれば。初の朝ドラで、とてつもなく緊張しておりますが、皆さま応援のほどよろしくお願い申し上げます」と喜びと意気込みを語っている。

西川のほか、マギー、木本武宏(TKO)、羽野晶紀、三林京子、松下洸平、イッセー尾形、川島夕空の出演と、語りを中條誠子アナウンサーが務めることも決まった。