「インハンド」で要潤が山下智久と初共演!「ひそかにクスッと笑っていてかわいい(笑)」

©株式会社東京ニュース通信社

5月31日放送のTBS系連続ドラマ「インハンド」(金曜午後10:00)第8話に、要潤と柄本明がゲスト出演することが決まった。要は主人公の科学者・紐倉哲(山下智久)の大学の同期で経済産業省のアドバイザーを務める遠藤匡晃役、柄本は後継者の息子が自殺してしまった巨大企業の会長・園川務役を演じる。

朱戸アオ氏の同名漫画を原作にしたドラマは、ロボットハンドのような義手を装着する変わり者の科学者・紐倉(山下)が、内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)の依頼を受け、助手の高家春馬(濱田岳)と共に従来の概念を超える未知の病気や事件を解決するサイエンスミステリー。第8話では遺伝子をテーマに、紐倉らがある巨大企業の後継者の自殺の真相を調査し、“鬼の血”と呼ばれる呪われた伝説に迫るストーリーが描かれる。

要が演じる遠藤は紐倉を一方的にライバル視する役どころで、事件を調査する紐倉と偶然再会することになる。要は「頭がキレるかっこいい紐倉とは対照的に、ちょっと滑稽に見えるくらい紐倉に対してのライバル心は強めに出しています。遠藤の目線で見たら、なんでもひょうひょうと完璧にこなしていく紐倉はムカつくんですよ。もちろん嫉妬ですけどね。だからこそライバル心を強めに出すことで、遠藤のキャラクターが際立っていくのかなと思って演じています」とアピール。

また、山下とは今回が初共演だったが、「クールな印象がありましたが、現場でみんなで笑いあっている時にひそかにクスっと笑っている姿を見て、ギャップがかわいいなと思いました(笑)。今回は紐倉にかわされる役だったので、またいつか別の役柄でもがっつりご一緒してみたいです」と刺激を受けたことを明かしている。