【簡単&おいしい】手作りゴマドレッシングで骨を丈夫に!

©(株)東京放送ホールディングス

いろいろなお料理に合う、クリーミーでおいしい「ゴマドレッシング」。手作りは意外なほど簡単♪
さらに、作り方や食べ合わせのコツを押さえておけば、健康に欠かせない“丈夫な骨づくり”にも活かすことができるんです!

手作りゴマドレッシングは、よ~く混ぜるだけ!

ゴマドレッシングの材料と作り方は、すったゴマ50g、牛乳大さじ4、顆粒のいりこダシ少々、お酢大さじ1、砂糖大さじ2を、すべて混ぜ合わせるだけ!

作るときのポイントは、「ゴマをよ~くすりつぶすこと」。クリーミーでおいしそうに仕上がるだけでなく、栄養面でもメリットが期待できます。

なぜゴマは「すりつぶした」方がいいの?

ゴマには、カルシウムとマグネシウムが豊富に含まれています。

マグネシウムはカルシウムと結び付いて体内への吸収を助けてくれるので、丈夫な骨をキープするためには欠かせない成分。

そして、ゴマは殻付きのまま食べるよりも、すりつぶしたりペースト状にしたりする方が栄養素の吸収率が高まります。

ゴマをすりつぶして作るこのドレッシングなら、カルシウムとマグネシウムを効率的に吸収することができて、骨の健康にも良いというわけですね。

小松菜にオン!が、さらにおすすめ

作ったゴマドレッシングはお好みのお料理や食材にかけてOKですが、特におすすめしたいのは小松菜。小松菜に含まれているビタミンKという栄養素には、カルシウムとマグネシウムの結び付きを強くしてくれるはたらきがあります。

そのため、カルシウムとマグネシウムが豊富なゴマと一緒に摂取すれば、骨を丈夫にする効果がさらにアップ!

ぜひ覚えておきたい組み合わせですね。

手軽でおいしく、丈夫な骨作りにも役立つゴマドレッシング。
ゴマをよくすりつぶすことがポイントで、「小松菜と一緒に食べる」とさらにGOOD。ぜひ試してみてください!

ちょっと気になる“差”を徹底調査この差って何ですか?(TBS系列火曜よる7時~)