ソーセージとビール味わう 26日まで、習志野でフェス

©株式会社千葉日報社

きょうまで開催されているソーセージ&ビールフェスティバル=25日、習志野市内

 千葉県習志野市の津田沼公園(JR津田沼駅南側)で25日、「ソーセージ&ビールフェスティバル」(習志野商工会議所主催)がスタートした。きょう26日も午前11時~午後7時、開催される。

 会場には、習志野ソーセージや同ソーセージのスモークウィンナーの販売テントが並び、市民らが焼きたてを味わった。同市の会社員男性は「ボリュームがありおいしかった」、船橋市の女性2人組も「塩味がビールに合う」と喜んだ。

 県内外の地ビールも販売され、初夏の日差しのもと、来場者がのどを潤した。県内出店者は「ビールは圧倒的に気温が高い方がよい」と売り上げ増を期待していた。そのほか軽食なども販売された。フェスティバルは小雨決行。