今夜最終回! 黒く染まっていく「白い巨塔」とそれぞれの人間模様にも注目

©株式会社東京ニュース通信社

今夜最終回! 黒く染まっていく「白い巨塔」とそれぞれの人間模様にも注目

5月22日からテレビ朝日開局60周年記念として5夜連続で放送されている「白い巨塔」が、今夜、いよいよ最終話を迎えます。これまで見ていない人でも大丈夫! 最終話を前に一緒に「白い巨塔」を振り返ってみましょう。

第1夜。腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名をはせる、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎(岡田准一)は上司の“スぺ患”から指名を受けて手術を行い成功。財前の上司・東貞蔵(寺尾聰)は自身の退官に伴う教授戦において、財前を推薦すると本人には伝えていましたが、実際はほかの人物を推すことに。財前は義父である財前又一(小林薫)の財力などを駆使し、教授戦を勝ち抜くために邁進。財前の欲望が新たな展開へと物語を進めていきました。

一方、財前の同期で、第一内科・准教授の里見脩二(松山ケンイチ)は、教授の座に固執するあまり、良心を失っていく財前に複雑な気持ちを抱えながら進展していった第2夜。財前が義父の財力にものを言わせて暗躍していく中、ついに教授戦が幕を開けました。

物語が大きく動きだした第3夜は、財前が念願の教授戦を制したところからスタート。勝ち抜くために突き進んできた財前は、満ち足りた日常を送っていました。それとは対照的に、患者のために医者であり続ける里見のもとに、佐々木庸平(柳葉敏郎)と妻・よし江(岸本加世子)が診察にやって来ます。すい臓がんを疑う里見は、腹腔鏡手術のスペシャリストである財前に執刀を依頼。庸平の担当医となった柳原雅博(満島真之介)が手術の前に肝機能の数値などの異変に気付き、「再検査をした方がいいのではないか」と財前に伝えるも、「必要はない」と一蹴されてしまいます。

財前がドイツで手術のデモンストレーションを行っている頃、浪速大学では庸平が死去。すい臓がんだと疑われ手術をしたものの、その死因が肝不全であることが明らかに! この結果に、よし江と息子の庸一(向井康二)はがく然とします。里見の勧めで病理解剖を行う決心をした佐々木親子は、さらに裁判で財前を訴える決意を。なぜ、夫は死ななければならなかったのか。しばらく家をあけると言った父が、なぜ二度と帰らぬ人になったのか。涙の裁判が“白い巨塔”を動かしていきます…。

ところで、先日放送に先駆け東京スカイツリーを真っ白に染める点灯式が開催され、岡田さんと沢尻エリカが登場! 「僕は晴れ男だ!」と話す岡田さんの後ろに見える景色は曇天…(笑)。そんな中でも、2人の笑顔はとってもすてきでした。たった2日だけの真っ白なスカイツリー。ご覧になられましたでしょうか。夜空に白く輝く姿は、まさに“白い巨塔」”のようでした。

さあ、今夜、いよいよ最終話が放送されます。どのように物語が進んでいくのか。夫を、父を思う親子はどう財前と、そして白い巨塔と戦うのか。涙なしでは見られない、最高のクライマックスをぜひ、一緒に見届けましょう。

【番組情報】


「テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子 白い巨塔」
テレビ朝日系
5月26日 午後9:00~11:10

テレビ朝日担当 Y・O