帯広で37.8℃ 120年以上の歴史で最高気温

©株式会社ウェザーマップ

26日(日)午前11時の北海道の気温

 午前11時37分、帯広で37.8℃を観測して1892年の統計開始以来、年間を通して最も高い気温となり、真夏としても記録的な暑さになっている。また、全国の5月の最高気温も更新して、5月としては記録的な暑さとなっている。

 きょうも強い日差しが照りつけて、朝から早いペースで気温が上昇している。午前中には北海道のオホーツク海側で、すでに35℃以上の猛暑日となっている所が多く、5月としては経験したことのない暑さになっている。全国的にも、さらに気温が上がり、午後は真夏日地点が続出し猛暑日となる所も増える見通し。まだ体が暑さに慣れていない時季に、真夏のような暑さが予想されるため、部屋の中でもこまめな水分補給や冷房の使用を心掛け、熱中症に警戒が必要となる。