農牧民のホームドクター 四川省理塘県

©新華社

農牧民のホームドクター 四川省理塘県

農牧民を診察する理塘県のホームドクター。(資料写真、カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)

 【新華社成都5月26日】中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県では、1万5千人以上の農牧民がホームドクターと契約している。電話1本で訪問診療を行い、健康相談や健康教育、応急手当、基本的な公衆衛生サービスなどの医療サービスを提供する。

農牧民のホームドクター 四川省理塘県

農牧民を診察する理塘県のホームドクター。(資料写真、カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)

 チベット族居住地域では長年にわたり「看病難、看病貴」(診療を受けるのが難しく、受けられた場合も医療費が高い)などの問題が農牧民を悩ませてきた。昨年、四川省チベット族居住地域の「六つの民生事業計画」は計86億9千万元(1元=約16円)の資金を工面し、医療衛生の向上には3億5千万元が投入された。

農牧民のホームドクター 四川省理塘県

農牧民を診察する理塘県のホームドクター。(資料写真、カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)

 理塘県では現在、5097世帯の貧困家庭がホームドクターと契約を完了し、契約率は100%となった。一般家庭も1万531世帯が契約し、契約率は95%に達しており、年内に農牧地区の全世帯の契約実現を目指す。(記者/康錦謙)