関東で今年初の猛暑日

茨城県大子町で35.4℃

©株式会社ウェザーマップ

26日(日)正午の関東の気温推計分布

 きょう26日(日)も、強い日差しが照りつけて全国的に真夏並みの暑さとなっているが、午後12時20分に茨城県大子町では35.4℃を観測し、関東地方で今年初めての猛暑日となった。

 きょうも全国的に晴れて気温が早いペースで上がっている。北海道のオホーツク海側ではフェーン現象なども加わって、帯広では昼過ぎに38.7℃を観測するなど、記録的な暑さとなっているが、午後12時20分に茨城県大子町(だいごまち)で35.4℃を観測し、関東地方で今年初めての猛暑日となった。大子町では、5月の最高気温を更新し、5月としては記録的な暑さとなっている。

 きょうは強い日差しと、大陸からの暑い空気で朝から気温が上昇し、関東地方では30℃以上の真夏日になっている所が多くなっている。東京都心でも、昼前に31.9℃を観測し、3日連続の真夏日となった。午後もさらに気温が上がり、関東地方では内陸を中心に、35℃以上の猛暑日となる所が増える見通し。まだ体が暑さに慣れていない時季に、真夏並みの暑さが予想されるため、熱中症に警戒が必要となる。