シーズン終わりに訪れた、イギリス王室御用達「牡蠣」の産地ウィツタブル

©株式会社オンエア

ウィツタブルとは?

ウィツタブルは、ロンドンの南東の方角にある街です。電車で1時間20分ほどです。

英語では「Whitstable」と書き、日本語では、ウィスタブルと書かれていることもあるのですが、筆者の語学学校の先生もウィツタブルと発音していたので、ウィツタブルの名前で書き進みます。

イギリスで数十種類の牡蠣が獲れるなかで、ウィツタブル産の殻が丸く平たい「ネイティブ・オイスター」が王室御用達なのだそうです。

貝類は当たることがあるので、イギリス王室のメンバーは食べないという情報を目にしたことがあったのですが、調べてみると、現在の女王エリザベス2世は食べないけれども、チャールズ皇太子は食べているという記事がありました。

ウィツタブルの牡蠣の歴史は驚くほど長く、1600〜2000年くらい前のローマ帝国時代にはすでに名物とされていたのだそうです。

当時、ローマまで献上されていたウィツタブルの牡蠣ですが、今は、イタリアなど他のヨーロッパからも牡蠣のためにこの地を訪れる人が多いそう。

いざ、ウィツタブルへ

訪れたのは、浜辺にある、地元民らしき人々がたくさんで明るい雰囲気のレストラン。

さっそく席に着き、ネイティブ・オイスターがあるか訊いたところ、オフシーズンだと言う答えが。ショックを受けながら、とりあえず地元産の岩牡蠣をオーダーします。半ダースで£16です。

いい塩加減で、王道の牡蠣の味です。文句なく美味しい。スコットランドで食べたときよりも美味しく、日本でもときどき口にできるようなレベルの美味しさです。

レモンのほか、エシャロットと赤ワインビネガーや、トマトソースのようなものがついてきました。レモンがシンプルでベストです。

それにしても悔やまれるのは、ネイティブ・オイスター。改めて店員さんに訊いてみると、ネイティブ・オイスターは、先週は少しだけ獲れたと。やはり自然のものなので、9月から4月の間はきっかり獲れるわけではなくて、はじめと終わりは変動しがちだと。

焼き牡蠣や、カニのグラタン、シュリンプトーストなどもオーダー。塩がふりかけると、ちょうどいい塩梅で結構満足です。

こちらは大箱のレストランだったので、他のお店にはまだあるかもしれないと思い、はしごすることに。

Whitstable Oyster Company

たまたま通りかかった屋外のお店。規模が小さいだけに狙い目か、と思ったらやはり、ネイティブ・オイスターありました!岩牡蠣はひとつ£1、ネイティブ・オイスターは£1.5という安さ!

女子大生バイト風の店員さんが、後ろのスタッフに伝え、殻が開かれます。

なんだか身が痩せていますが、シーズン終わりだからでしょうか。

でも食べてみると、味は、先ほどの岩牡蠣と同じように美味しいのです。こちらは、ホタテの貝柱のような食感を感じました。一緒にいった友人も、「岩牡蠣はねっとり」と言っていて、食感の違いを認識しました。

シーズン真っただ中に、また食べてみたいです。

West Whelks / Whitstable Harbour Oyster Store

そのほかのお楽しみ

とても小さな街であるウィツタブル。海沿いには、北部の荒れた漁村みたいな雰囲気のところもありますが、街中のところどころにニットの飾りがついていて、素朴であたたかい印象です。

人が賑わうメインストリートでは、可愛らしいお店が並び、アート作品や雑貨を扱うお店を、多くみかけました。

また、マーケットでも雑貨屋さんが目立っていました。

Harbour Market Whitstable

ウィツタブルに来たら是非訪れたいのが、ウィツタブル城です。ティールームとして開放されています。入場無料で、カプチーノ大サイズが£2.65とお手頃価格。

建物だけでなく庭も素敵なんです。

Whitstable Castle

さて、毎年7月にウィツタブル・オイスター・フェスティバルが開催されています。今年は7月27日から29日に開かれますが、ネイティブ・オイスターは食べられません。牡蠣目当てでしたら、ぜひシーズン中におでかけください。

参考

[ONLINEジャーニー]

[25anse Wedding 2018年夏季號 【日文版】]

[Whitstable Oyster Festival 2019]

[ All photos by Shio Narumi ]