日本の司法に「恐怖心」

ゴーン被告妻キャロルさん

©一般社団法人共同通信社

 【サンパウロ共同】ブラジル主要紙グロボ(電子版)は25日、前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の妻キャロルさんとの電話インタビューを掲載した。キャロルさんは日本の司法制度に「恐怖心」を抱いており、公正な裁判を受けられるようゴーン被告の出身地ブラジルのボルソナロ大統領に支援を求める考えを示した。

 キャロルさんは米ニューヨークに滞在中。ゴーン被告の無実が証明された場合には「本人が望めば企業活動に戻ることができるが、日本でだけはもうごめんだ」と述べた。