大物続々のJリーグ!ついに監督も!?

©株式会社愛幸

近年Jリーグクラブには、欧州の強豪クラブやW杯で活躍した大物選手が続々と加入している。そして遂に監督にも・・・??

イニエスタがJリーグ入りするとは誰が予想しただろう!?

ヴィッセル神戸に加入したアンドレス・イニエスタをはじめ、近年は大物外国人が続々と加入しているJリーグ。2017年に放映権を得たDAZNの参入により資金が潤っていることも理由のひとつだが、外国人選手が日本という国も含めてJリーグを魅力的に感じてくれているのは、日本人としてとても誇らしい。

ヴェンゲル氏は2018年にアーセナルの監督を退任。22年間も指揮をとったレジェンドだ。

その大物来日ブームが、選手だけでなく監督にも起きる可能性がある。次々にスター選手を獲得しているヴィッセル神戸が、名将アーセン・ヴェンゲル氏にオファーを出したようだ。2021年までの2年半の提示とのこと。2018年に、22年間指揮をとったイングランドプレミアリーグのアーセナルを退任したレジェンドは、現在フリーとなっている。ヴェンゲル氏にとってJリーグは、1995~1996年に名古屋グランパスの監督として実績を残し、その後に再び欧州で成功を収めるきっかけとなった地だ。日本を愛する名将は、果たしてJリーグに帰ってきてくれるのだろうか?