鹿嶋から東京五輪PR 公用バスをラッピング

©株式会社茨城新聞社

鹿嶋市での東京五輪開催をPRするラッピングバス(同市提供)

2020年東京五輪でサッカー競技の会場となる鹿嶋市に、大会をPRするラッピングバスが登場した。バスは市の公用車で、主に市の事業で使われている。

バス前部には「TOKYO2020」と書かれ、両側には大会マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」などがデザインされている。市内の学校行事で、児童の送迎などに使われている。市オリンピック・パラリンピック課の担当者は「鹿嶋で五輪が開催されることを多くの人に知ってもらえれば」と話している。

同市神向寺の県立カシマサッカースタジアムでは、7月23日から8月6日までの間に男女の準決勝や女子の3位決定戦など、計11試合が予定されている。