華やかな大輪満喫 京都府立植物園でバラ見頃

©株式会社京都新聞社

甘い香りを漂わせ、大輪の花を咲かせるバラ(京都市左京区・府立植物園)

 京都市左京区の府立植物園で、バラが見頃を迎えている。皇室ゆかりの品種もあり、甘い香りを漂わせる花を来園者たちが楽しんでいる。

 約300種1300株が植えられている。今月中旬から開花し始め、暑さが続いた先週半ばから一気に満開になった。

 上皇后美智子さまゆかりの品種「プリンセス・ミチコ」、皇后さまにちなんで名付けられた「マサコ」などもあり、赤やピンク、黄に白など多様な花が、バラ園内を埋め尽くすように咲いている。

 訪れた人たちは顔を近づけて香りをかいだり、写真を撮ったりして、華やかな大輪を満喫していた。今月末まで楽しめそうという。