市原市長に小出氏 無投票で再選果たす

©株式会社千葉日報社

 任期満了に伴う千葉県の市原市長選が26日告示され、無所属で現職の小出譲治氏(58)のほかに立候補の届け出はなく、無投票で小出氏の再選が決まった。

 2月の記者会見では、市政運営の根幹に「対話と連携」を据え、「その中で生まれる新たな変革の風を市の持続発展につなげたい」と出馬表明。自民、公明のほか、連合千葉の推薦を受け、2期目に向けて引き締めを図ってきた。

 再選の一報を受け、「市民の思いを形にするのが私の使命。4年間を全うしたい」と力を込めた。