戦国時代に思いはせ 東吾妻・真田三名城ウオーキング

©株式会社上毛新聞社

美しい自然の中、歴史散策を楽しむ参加者

 真田氏ゆかりの城跡を巡る「上州真田三名城ウオーキング2019」(上毛新聞社主催)が26日、群馬県東吾妻町の岩櫃山周辺で開かれた。歴史愛好家や家族連れなど約220人が岩櫃城跡などを散策し、戦国時代に思いをはせた。

 岩櫃神社などの史跡をたどって本丸跡を目指す「一般・城跡」(約7.1キロ)と、岩櫃山の9合目まで挑戦する「登山」(約8.7キロ)の計2コースで実施。今年1月に移転し、城をイメージした外観が特徴的な町役場新庁舎を発着点にした。