厳しい暑さ 28日(火)以降はおさまる

©株式会社ウェザーマップ

27日(月)の最高気温分布

 きのう26日(日)は北海道佐呂間町で39.5℃と5月の国内最高気温を更新したが、きょう27日(月)も、厳しい暑さの続く地域が多い見通し。熱中症へ警戒が必要だ。
 
 27日も午前中から気温が高く、午前11時半現在、帯広市など北海道、東北、関東地方で気温が34℃前後まで上がっている所がある。

 午後は35℃以上の猛暑日となる所があるため、引き続きこまめな水分補給や休息を心掛けるなど、熱中症に対して警戒が必要となる。なお、東京都心の予想最高気温は34℃で、5月として過去最も高くなる可能性がある。

28日以降 真夏日は大幅減

週間天気と予想最高気温

 あす28日(火)は、西日本の雨の範囲が東・北日本の一部にも広がる見通し。このため、日差しの出る地域は少なく、最高気温は前日より大幅に下がる予想となっている。
 北海道や関東の一部は、まだ30℃を超える所があるが、西日本の多くの地域は気温が平年並みの気温に落ち着く見通し。

 週末にかけても西・東日本は30℃を超える所は少ないが、今後は湿気が多くなるぶん、蒸し暑く感じる日が増えてきそうだ。

(気象予報士・高橋和也)