快進撃続けるツインズ 5投手による完封リレーで6連勝

©MLB Advanced Media, LP.

【ホワイトソックス0-7ツインズ】@ターゲット・フィールド

両リーグ最高勝率をマークしてア・リーグ中部地区の首位を快走しているツインズは、先発のジェイク・オドリッジが6回途中1安打無失点と好投。4人のリリーバーも合計3回2/3を4安打無失点に抑え、ホワイトソックスに7対0で快勝して6連勝となった。オドリッジが走者を許したのは、四球と単打で二死一・二塁のピンチを背負った3回表だけ。5回表先頭から降板まで四者連続三振を奪うなど、9奪三振の快投で今季7勝目(2敗)をマークした。ホワイトソックスは先発のディラン・コビーが6回4失点で今季4敗目(0勝)。2番手のジョシュ・オーシッチもダメ押しの一発を被弾し、3連戦をスイープされた。

ツインズは3回裏、バイロン・バクストンがチーム初安打を放ったあと二盗と捕手セビー・ザバラの送球エラーで三塁へ進み、マックス・ケプラーのタイムリー二塁打で先制。その後、二死一・二塁となり、エディ・ロサリオがライトスタンドへ16号3ランを叩き込み、4点をリードした。4回以降は3イニング連続で三者凡退に封じられたものの、7回裏に2番手のオーシッチから二死一・二塁のチャンスを迎え、ケプラーがダメ押しの12号3ラン。オドリッジ以降は、マット・マギルとトレバー・メイがそれぞれ2/3回、テイラー・ロジャースが1/3回、タイラー・ダフィーが2回を無失点に抑え、合計16奪三振という見事な完封リレーを完成させた。