「なつぞら」“番長”が月9初出演!「うれしさで体、爆発するかと思いました!!!」

©株式会社東京ニュース通信社

NHK連続テレビ小説「なつぞら」で注目された俳優の板橋駿谷が5月27日放送のフジテレビ系連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9:00)にゲスト出演する。

板橋駿谷は福島県出身の34歳。舞台を中心に活躍してきた板橋は、NHK朝ドラ「なつぞら」での高校生“番長”役でお茶の間に大きなインパクトを与えた。「ラジエーションハウス」に出演する広瀬アリスとは初共演だが、「なつぞら」では主演の広瀬すずと共演しているため、今回で広瀬姉妹との共演を果たす。

そんな板橋が演じるのは、古びたアパートで妻の陽子(佐藤めぐみ)と二人暮らしをしている若井祐一。定職に就いておらず、アルバイトをしている祐一は、腹痛を起こして「甘春総合病院」で診察を受けた陽子を心配し、病院にかけつける。家計を支えるために仕事を持っていた陽子は、そんな夫を気遣い、「盲腸だが薬で散らせるようなので普通に働ける」と伝える。陽子は、祐一との子どもを望んでいたが、金銭的な理由もあって祐一はまだそんな気になっていないようだった。それに祐一には陽子に秘密にしていることがあった。

板橋は「うれしさで体、爆発するかと思いました!!! 神さま、生きててよかった!って強く思いました。時間はかかったけど、その分、出会ったたくさんの人や時間が俺を作り上げてくれました。ありがたいことです、ほんとに」と初“月9”に大喜び。放送に向けては「“なつぞら”の番長とは違って、今回は実年齢に近い役です! 日頃、月9を楽しみにしている皆さま、“板橋駿谷”が初見の皆さま、いつも応援していただいている皆さまに新たな一面をお届けできるよう頑張りました。オンエアのその日まで楽しみにしていてください!」とアピールしている。