社民・又市党首が退院

肺がん手術、来月復帰か

©一般社団法人共同通信社

 肺がんの手術を受けた社民党の又市征治党首が25日に退院した。同氏の事務所が27日、明らかにした。党務には6月中旬に復帰する予定で、しばらく療養する。改選を迎える夏の参院選は比例代表から出馬しないと明言しており、回復状況を見ながら今後の対応を決めるとみられる。

 又市氏は4月末の検診で肺がんが見つかり、今月14日に東京都内の病院で手術を受けて成功した。2015年10月にも胃がんを公表、手術を受けていた。