G20開催認知度9割近く、大阪

交通規制も8割、大幅上昇

©一般社団法人共同通信社

 6月28、29日の20カ国・地域(G20)首脳会合に向け、大阪府警は27日、府民の認知度などを調べたアンケート結果を発表した。大阪開催を知っている人は9割近く、大規模交通規制についても約8割に上り、共に昨年12月の前回調査から大幅に上昇した。ただ、約4人に1人は規制されても「車に乗る」と答えており、府警は「関心は高まってきた。車の利用自粛の呼び掛けを続けたい」としている。

 調査結果によると、大阪開催を「知っている」と答えたのは88.1%(前回48.5%)。大規模な交通規制についても、81.3%(同31.9%)が「知っている」と回答した。