「家政夫のミタゾノ」第7話に“KinKi Kids”が登場!?予告動画が話題に

©株式会社ドットレンド

TOKIO松岡昌宏主演のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」。このほど5月31日放送の第7話予告映像が公開されたが、予告映像に登場する“あるもの”が話題となっている。

「家政夫のミタゾノ」は、女装した大柄な家政夫・三田園薫(松岡昌宏)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていくヒューマンドラマ。

第7話は三田園が、“絶対に離婚したい夫”と“絶対に離婚しない妻”が暮らす家庭に派遣されるストーリーだが、予告映像の終盤に松岡演じる三田園が可愛らしい2人組のフェルトの人形を手に持つシーンが登場する。

人形の1体は黒髪で帽子を被っており、服には「244」の数字。もう1体は金髪で服には「51」の数字が貼られている。予告映像は三田園の「愛されるよりも愛したい」というセリフで終了する。

「2人組」「人形の風貌」「244(ツヨシ)」「51(ゴウイチ)」などから、人形はKinKi Kidsをモデルにしていることは一目瞭然。また、「愛されるより 愛したい」というのはKinKi Kidsの2ndシングルのタイトルだ。

第7話に実際にKinKi Kidsが登場するわけではないだろうが、予告映像を見たファンからは「KinKi Kidsの人形可愛い!」「KinKiの人形持ってるし来週絶対見るしかない」「人形といい台詞といい期待高い!」など歓喜の声が上がり、話題となっている。

■金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』第7話 予告動画