サッカー楽しくプレーを 元ベガルタ平瀬さんが教室「興味持って」 仙台の幼稚園

©株式会社河北新報社

平瀬さん(中央)とミニゲームを楽しむ園児ら

 サッカーJ1仙台の元選手が園児と触れ合うサッカー教室が27日、仙台市泉区の明泉丸山幼稚園であった。

 仙台のクラブコーディネーターで元日本代表の平瀬智行さん(42)、仙台の元選手で地域連携課スタッフの菅井直樹さん(34)やスクールコーチらが訪問。園児122人とミニゲームなどで楽しんだ。

 一心不乱にボールを追う子どもたちのあどけない姿に、平瀬さんらは笑みを浮かべた。クラブのチアリーダーによるチアダンス教室もあり、クラブマスコットのベガッ太らも応援した。菅井さんは「子どもたちが一生懸命取り組んでくれて楽しかった」と話した。

 教室はクラブ創設25周年記念事業の一環で2回目。2016年から県内の小中学校で実施している取り組みの対象を広げた。

 平瀬さんは「この年代からベガルタやサッカーに興味を持ってもらうことは大事。今後も継続したい」と意義を語った。