ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアル、新作アルバムよりシェリル・クロウを迎えた「ターン・オブ・ザ・ニューズ」リリース

リリック・ビデオも公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

(C)Joey Martinez

ロックンロール、カントリー、ソウル、フォーク、そしてR&Bなどの要素を多分に含んだ現代アメリカーナ・バンド、ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアルが、7月3日にリリースとなるメジャー・セカンド・アルバム『ターン・オフ・ザ・ニューズ』より2nd シングル「ターン・オフ・ザ・ニューズ」をリリース、リリック・ビデオも公開となった。

本楽曲「ターン・オフ・ザ・ニューズ」は、ゲスト・ヴォーカルにシェリル・クロウを迎え、高揚感と情感にあふれたサウンドに乗せ、希望、積極性、そして行動主義のメッセージを訴えている。

「私たちは、人々が自分たちの地域社会で活動し、建設的に物事を進めることをできるようなライフスタイルを奨励したいと思っているんだ、スマホにベタ付けになるのではなく。それが、本来あるべき自分の人生を生きるということなのだと思う。自分の心に導かれて生きるということが。」とネルソンは話す。

彼らは環境への強い関心を持っており、Farm Aidなどの協会と提携して “Good News Garden” というビデオ・シリーズをスタートした。それは、ファンたちに自分たちの夢や実際に行っているコミュニティ・ガーデニング、地域活動、家族に起こったいいニュースなどなど、ほかの人たちに共有することをファンに奨励するといった目的でビデオの投稿を募るという。

バンドが投稿されたものをすべて実際に見て、気に入ったものをツアー中に気に入ったものをビデオを介して紹介していくとのことだ。また、選ばれたファンには、スペシャルな種の入ったカードやプロモ・アイテムなども送られてくるかもしれないという。

応募は下記のページから。
http://lukasnelson.com/good-news-garden/#

先々週、バンドはザ・フーのナッシュヴィル公演での前座を務め、来月にはグランストンベリー・フェスティヴァルへの出演や、ボブ・ディランとニール・ヤングがヘッドライナーを務める7月12日のロンドンでのハイド・パークのコンサートにニール・ヤングのバンドとして出演も決定しており、10月末までツアーは続く。

〈最新トラック〉「ターン・オフ・ザ・ニューズ」

Apple Music
Spotify

■作品情報

ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアル『ターン・オフ・ザ・ニューズ』
Lukas Nelson & Promise of The Real / Turn Off The News (Build A Garden)
2019年7月3日(水)発売 (デジタルは6月14日発売)
品番:UCCO-1208
価格:2,500(税抜)、2,700(税込)

CDのご予約はこちら 
iTunesの予約はこちら 

【収録曲】
01. バッド・ケース Bad Case
02. ターン・オフ・ザ・ニューズ Turn Off The News (Build A Garden)
03. ホエア・ダズ・ラヴ・ゴー Where Does Love Go
04. セイヴ・ア・リトル・ハートエイク Save A Little Heartache
05. ロッタ・ファン Lotta Fun
06. シヴィライズド・ヘル Civilized Hell
07. ミステリー Mystery
08. シンプル・ライフ Simple Life
09. アウト・インLA Out In LA
10. サムシング・リアル Something Real
11. スターズ・メイド・オブ・ユー Stars Made Of Yo
12. ターン・オフ・ザ・ニューズ(アコースティック) Turn Off The News (Build A Garden)
13. コンシダー・イット・ヘヴン Consider It Heaven
14. フェイド・トゥ・ブラック* Fade To Black
15. スピーク・ザ・トゥルース* Speak The Truth

*日本盤ボーナストラック

■ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアル・リンク
ユニバーサル ミュージック
本国公式サイト
Twitter 
Facebook 
Instagram 
YouTubeチャンネル