スピードスターは一体誰? 二塁到達タイムのパ1位は野手歴わずか1年半の元投手

©株式会社Creative2

左上から時計回りに西武・秋山、オリックス・佐野、楽天・オコエ、日本ハム・中島【写真:荒川祐史】

「もう二塁まで!?」と驚く超速走塁が二塁打の魅力

 2018年シーズンで両リーグ計2577本。本塁打の1681本よりもはるかに多く飛び出しているのが、二塁打だ。一三塁線上を破ったり、外野手の間を抜いたりと、プロ野球では見慣れた光景になっている。打球が外野の頭を越えたり、間を抜ければ、どんな選手でもラクに二塁までたどり着く。

 だが、ときには普通の感覚だと、シングルヒットという場面で、気がついたら「もう二塁まで来ている!?」というシーンもある。そんな驚愕の二塁打を披露したパ・リーグのスピードスターたちは誰なのか? 開幕から4月30日までの二塁打時到達タイムのトップ5を集計し、紹介していこう。

 関東第一高校時代から群を抜いていたオコエ瑠偉(楽天)。身体能力はプロ入り後もトップクラスに位置する。二塁到達タイム7秒75はリーグ5位となるタイムだ。

 ここで二塁打のタイムの評価基準について述べておくと、一般的に「7秒台であれば十分速い」と考えていい。足に磨きをかけたスペシャリストだけが到達できる“聖域”とまでいっていいだろう。

 オコエのタイムと順位は、単純に「足が速い」と評価できる一方、他にも独自の個性がみえてくる。まず、右打者であるということ。右打席は左打席に比べて走る距離がわずかながら長くなる。タイム争いにおいては明らかに不利だ。

 そして、皮肉にも技術の“未熟さ”から身体能力の高さが感じとれるということ。7秒75を出したときの走塁は、打ってから打球の行方を追っていてスタートは遅かった。さらに、一塁を回って二塁へ向かう走路もかなり大きく膨らんでいた。だが、それでもリーグ5位である。長い脚で跳躍するように走るバネの強さに、底知れぬ可能性を感じずにはいられない。今後、無駄のない走塁技術を身に着けたら、もっと良いタイムが出るだろう。

 ファウル打ちの名人にして、2015年盗塁王でもある中島卓也(日本ハム)は、職人気質の選手。二塁打における走りも無駄がなく、涼しい顔をして二塁へ到達する。そのタイムは7秒66で4位に入った。打った瞬間から全力で走り出し、一塁を回る。左中間の真ん中付近に落ちた打球をセンターが追いつくのに精一杯になったのを見逃さず、一気に二塁へ向かう。

 このときの走路が「技あり」のポイントだ。中島選手は、一塁と二塁のベースを結んだラインにかなり近いところを走っていた。一塁ベース付近で小回りをきかせたターンをしたのだろう。より最短距離に近い走りをすれば、無駄はなくなる。二塁打の走塁ひとつをとっても、中島には確固たる技術がある。それを感じさせる好タイムだ。

7秒57で第3位に入ったのが、オリックスの新星である佐野

 佐野皓大という選手がオリックスにいることを知っているファンはどのくらいいるだろうか? 元々は投手としてプロ入りしたが、3年目の2017年シーズン後に身体能力を生かすため野手に転向。翌2018年は育成契約でスタートし、同年7月末付けで支配下選手になったばかりの選手だ。

 大分高校時代にもほとんど野手経験がなかった佐野は、キャリアとしてはわずか半年。だが、そんな選手がパ・リーグ3位の7秒57を出すのだから、プロ野球は底が知れない。佐野は、今年のキャンプ、オープン戦から思い切りの良い走塁を披露して、開幕ベンチ入りを果たした。現在もスイッチヒッターとして1軍で活躍中。二塁へ走る姿は野性味を感じさせる。

 オリックスには宗佑磨、後藤駿太、西浦颯大、小田裕也など、俊足の外野手がゴロゴロいる。ライバルは多いが、スピードに関しては頭ひとつ抜け出したといっていいだろう。

 盗塁数は毎年タイトルに絡むほどではないが、秋山翔吾(西武)はリーグ有数の俊足選手だ。二塁到達7秒55で堂々2位というタイムが、まさにそれを示している。

 秋山の走りは4位の中島とも共通するが、打ってからの一歩目が違う。最初から全力で走り出しているためロスがない。出だしが早ければ、先の塁を狙えるチャンスは増える。7秒55を記録した場面も、レフトが緩慢にゴロを処理するスキを突いたものだ。こうしたチャンスを見逃さないところは、常に高い意識を持ち続ける秋山らしい。

 30歳を過ぎてなお、トップを争うスピードを維持できていることにも感服する。秋山選手は現在、連続フルイニング出場のパ・リーグ新記録を更新中。コンディションを高いレベルで維持できているからこそ、若手に負けないタイムが出せるのだろう。

1位に輝いたのは、野手歴わずか半年足らずの選手に

 1位を紹介する前に、ここで番外編といこう。

 二塁到達タイムが一番遅かったのは、福岡ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ選手だった。タイムは10秒85。チームメイトの牧原大成選手なら三塁に到達していてもおかしくない。

 ただ、デスパイネ選手については、やむを得ない部分もあるだろう。日本に来たのはあくまで打撃、それも長打でチームに貢献するためだ。

 二塁打は、今回のようなスピードの魅力がすべてではない。二塁に悠々と到達できるような大飛球を放つこともファンを魅了する要素になる。デスパイネ選手には、ぜひ、そちらで活躍を続けてほしい。

 驚いた。わずか1か月のデータとはいえ、栄えある1位は、3位にも入った佐野皓大選手(オリックス)だった。タイムは驚きの7秒36。2位の秋山選手や、自身が記録した3位のタイムからさらに0.2秒も縮めた。同じ7秒台でも7秒50を切るタイムとなれば、もはや別次元である。

 このときの佐野選手の走りは、5位のオコエ選手と同じく、一塁を回ったところで走路が膨らんでおり、決して効率が良いとはいえなかった。だが、広いストライドでトップスピードを維持。二塁ベースにかなり近いところからスライディングをすることで、地面を滑る距離を短くしてタイムロスを極力防いでいた。それが破格のタイムにつながったのだろう。

 佐野選手の経歴は、前述したとおり。オリックスファンならずとも、名前を覚えておいて決して損はない。平均で1試合に1本以上は確実に発生する二塁打だが、超速タイムとなるスリリングな二塁到達を目にするチャンスはそれほど多くはない。

 観客席にいるとつい打球を追いかけがちの場面だが、俊足の選手が二塁打になりそうな打球を打ったときだけは、思いとどまって打者走者を見続けることをお勧めする。走り出しの加速から、一塁を回ってトップスピードに乗ったときの“疾走感”を目の当たりにすれば、誰もがその力強さと美しさに感動するに違いない。

 野球選手がトップアスリートであることを改めて実感できるまたとないチャンス。ぜひ見逃さぬよう、準備万端で期待していてほしい。

 ペナントレースは始まったばかり。今回のランキングも、この先、新たな選手がさらなる好タイムで書き換えていく可能性がある。一体、どこまで伸びるのか。二塁打からますます目が離せない。(「パ・リーグ インサイト」キビタキビオ)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)