石崎ひゅーい「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」書き下ろし楽曲6/12(水)に配信リリース &ティザー映像・アートワーク解禁

©有限会社ルーフトップ

シンガーソングライターの石崎ひゅーいが、世界で900万DLを突破した人気アプリゲームの映画化「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」へ書き下ろしをした楽曲、主題歌の「Namida」とエンディングソングの「あの夏の日の魔法」を6/12(水)に配信リリースすることが決定した。さらに、最新のアートワークとティザー映像も公開となった。

映画「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」はスマホゲーム「誰ガ為のアルケミスト」を、「マクロス」シリーズで知られる河森正治が総監督を務め映画化したもので、6/14(金)に「TOHOシネマズ 新宿」他にてロードショーとなる。

【ジャケットデザイン&ティザー映像direction・edit:今野芳章(みるもの)】

映像には「眼鏡」と「水しぶき」、「枕」の3つの要素が出てきますが、それぞれ「Namida」から連想したキーワードとなっています。

涙ぐむ経験は、その内面を誰にも決して悟られることなく、独りの時間で存分に消化するものだろうと捉えました。

「目の奥の涙を遮るレンズ、噴水のように溢れ出す想い、顔を枕に埋めて暗闇のなかで泣き叫びたい」

といった心情から、涙を潜って、乗り越えていこうとする楽曲の持つダイナミズムを、カメラワークで表現しようと試みました。