市長の体罰謝罪2日後…授業中に顔平手打ち 尼崎市立中の女性教諭

©株式会社神戸新聞社

尼崎市役所=尼崎市東七松町1

 兵庫県尼崎市教育委員会は28日、同市立中学校で23日、保健体育科の40代女性教諭が体育の授業中に3年生の男子生徒の顔を平手打ちする体罰があったと発表した。同市では、市立尼崎高校男子バレーボール部の体罰問題を受け、稲村和美市長が21日に全市を挙げて対策に取り組むと表明したばかりだった。

 市教委の松本眞教育長は会見で「あってはならないタイミングで、一般社会と感覚がかけ離れている。申し訳ない」と謝罪した。

 市教委によると、女性教諭は23日、学校運動場で体育の授業を見学していた生徒の態度に腹を立て、左頬を1回平手打ちした。生徒は当日、耳に痛みが残ったという。

 担任教諭がこの生徒から報告を受けたが、学校の管理職は当日夕方、生徒の保護者からの連絡で把握した。市教委は同日、外部からの通報で知ったという。(大盛周平)