メダリストの最上位を五輪代表に

ドーハ世界選手権のT&F種目

©一般社団法人共同通信社

 日本陸連は28日、東京都内で理事会を開き、9~10月に開催される世界選手権(ドーハ)のトラック、フィールド個人種目で最上位のメダリストを2020年東京五輪代表とすることを決めた。メダリストが参加標準記録に達していない場合、20年日本選手権終了までに到達する必要がある。

 競歩の男子20キロ、50キロ、女子20キロは世界選手権でメダルを獲得した最上位選手を五輪代表とすることを既に決めていた。

 東京五輪マラソン代表の選考要項も承認。9月15日に行う代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)の男女上位2人は代表となる。