男友達がデートに誘う「意外な理由」

©株式会社マイナビ

男友達からデートに誘われたとき、「なぜ誘ったの?これはどういうつもりなの?」など、男性心理がわからないときがありますよね。

男性が、どんなことを考えて誘っているのか?デート前からデート中、デート後に考えていることや、男性へのベストな対応の仕方などを解説します。デートに誘われたときは、チェックしておきましょう。

■女友達をデートに誘う男心とは

◇1.あなたのことが好きで付き合いたい

あなたのことが好きで付き合いたいというのが、デートに誘う一番の目的だと思います。

男性の中で、すでにあなたと付き合いたいと決めていて、デートの後に告白しようと考えていることがあります。

◇2.異性としてもっと知りたい

告白とまではいかないけれど、あなたのことがとても気になっているという状態も考えられます。

デートの中で、普段は見られない姿を見たり、ゆっくり話をしていったりしながら、今後のことを決めていきたいのです。

ここは個人によって、感覚、付き合うまでにかかる期間は異なってきますので、焦らず落ち着いて待ちましょう。

◇3.男友達と同じ感覚で誘っている

1、2とはちがって、異性として見ているわけではなくて、男友達を誘う感覚で気軽に誘っていることもあります。

異性のことは、友達のようにはなかなか誘えないので、信頼はしてくれている証拠です。

また、「異性としか訪れづらい場所」に行ってみたいという気持ちで誘っていることも考えられます。

■女友達をデートに誘う=脈あり?

女友達を「デートに誘う」という行為自体が、脈ありと考えてもいいの?というと、そうとは限りません。上記の、デートに誘う男心でもお伝えしたように、男友達を誘うような感覚で、女性を誘うケースもあります。

ただ、デートに誘われることが、いいことなのには間違いないです。

あなたに心を開いている、あなたをもっと知りたい、仲よくなりたい、付き合いたい、という状態だからこそ誘われるので、ポジティブに受け取っていきましょう。

■男友達が見せる脈ありサイン

男友達がデート前からデート中、デート後に見せる脈ありのサインがあります。ひとつの要素だけだと判断できないので、全体で見ていくことが大切です。

デート前から必ず確認しておきましょう。

◇デート前

☆事前にお店を予約してくれる

男友達が見せる脈ありのサインとして、事前にお店を予約してくれている、ということがあります。

予約するということは、デートがスムーズに進むように、またお店選びなどで失敗しないように、それだけ2人の時間を大切にしているという証拠です。

さらに、デートする前からデートははじまっているので、お店を調べてくれるやさしさを持っているとも言えますね。

☆カップルが行くような場所に誘ってくれる

ロマンチックな夜景やおしゃれなレストラン、夜の遊園地など、カップルが行くような場所に誘うことも脈ありのサインです。

カップルみたいに話しやすい雰囲気を作っていきたい気持ちのあらわれと言えます。

☆遠出する計画を立ててくれる

遠出となると、移動時間が長くなるので、会話の機会が増えますし、途中で会話が途切れて、無言の時間も出てきます。

あなたを遠出に誘うということは、その時間も受け入れてくれて、長時間一緒に過ごすのが心地いいと思ってくれているはずなので、とてもうれしいことです。

心地よくない人とは、長時間一緒にいられないですからね。

◇デート中

☆スマホを見ない

デート中、スマホを調べ物などで使うことはもちろんありますよね。

でもそれ以外で、全然スマホを見ないということは、2人の時間を大切にしてくれているということです。

今は、いつの間にかスマホで何気なくSNSやニュースを見たり、ゲームができたりしてしまいます。

その中でもスマホを見ずにいてくれるのは、幸せですよね。

☆本心を話してくれる

2人だけのときに、いつも職場では話せない本心を話してくれるのは、あなたに心を許している、脈ありのサインといえます。自分のことをさらに知ってもらいたいと思うのは、あなたが大切な人だからです。

相手が本心を話してくれたときは、あなた自身も言える範囲でいいので、普段話しづらいことを話してみると、より距離が縮まっていきますよ。

☆お酒への気使いができる

大人のデートであれば、お酒を飲む機会があると思います。そのときの気使いで、男性が大切にしてくれているのか?というのも出やすいです。

無理に飲ませる行為は、下心があるからです。大切に思っているのであれば、飲みすぎないように気使いをしてくれます

気使いができる男性を大切にしていきましょう。

◇デート後

☆お礼とまた行きたいという連絡が来る

デートが終わったあと、彼からの連絡にデートのお礼と感想、そしてその感想の中にも「また行きたい」というニュアンスがあると、とても好感触です。

あまりいい印象でなかったら、お礼だけだったりもします。デートがどうだったかというひとつの指標になるので、連絡は要チェックです。

☆次のデートに誘われる

デート後の連絡の中で、「また行きたい」というニュアンスがあるといい、という話をしましたが、そこでより大切なのが、具体的に次の場所、日程が決められるということです。

言葉よりも行動のほうに、人の本音は出てきますので、具体的に次はどこに行こう、何日くらいに行こうなどの連絡が来るということは、とてもデートがよくて本当にまた行きたいという証拠です。

■男友達からのデートの誘いへの対処法

男友達からデートに誘われたときの対処法は、自分自身に相手への好意があるかないかで異なってきます。

今の自分の気持ちと向き合ってから、男性のデートの誘いと向き合っていきましょう。

◇自分自身に相手への好意がある場合

デートに誘われて、自分自身に相手への好意がある場合は、喜んでデートに行きましょう

変に駆け引きとかはしなくていいです。大切なのは、「どれだけ楽しめるか?笑顔になれるか?」です。

さらに男性が一番うれしいのは、好きな人を幸せにすることです。気を使ったりせず、楽しむことを考えてデートに行きましょう。

◇自分自身に相手への好意がない場合

デートに誘われて、自分自身が相手への好意がない場合は、まずは今後の関係性をどうしたいか考えてみることをおすすめします。

友達、グループ、職場などで今後も関係性が続いていくのであれば、やみくもに断らずに一度は誘いを受けてみましょう。

デートに誘う男心の3でもお伝えしたように、男友達と同じ感覚で誘っている可能性もあります。

行ってみて楽しかったら、また行くことを考えたらいいと思います。

何かちがうな、相手が友達ではなくて恋人のような形で接してくるのであれば、2回目以降は行かずにしっかりお断りしましょう。

デートの誘いはどんなときでもポジティブに

男性からのデートの誘いは、どんなときでもうれしいことです。

あなたのことをもっと知りたい、心を開いている、好き、という気持ちに該当しないと、男性からデートに誘うことはしません。

男性からデートに誘われたら、ポジティブに捉えて、デートに行ったときは最高に楽しんでくださいね

(ゆーし)

※画像はイメージです