【卓球】中国OP開幕、松平健太らが初日を勝利で飾る 平野友樹は世界19位を破る金星<中国OP>

©株式会社ピンポン

写真:松平健太T.T彩たま)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・中国オープン 2019年5月28日~6月2日>

28日、ITTFワールドツアー・中国オープンが開幕した。今大会はワールドツアーで最も格が高いプラチナ大会。3月のカタールOPに続いて2019年2大会目のワールドツアープラチナには多くの強豪選手がエントリーしている。4月の世界卓球を終えて間もないが、再び世界の強豪選手が一堂に会する。

28日は、シングルス予選トーナメントが行われ、男子は1,2回戦を終えた。

2回戦では、平野友樹(5月世界ランキング128位・協和発酵キリン)が、Tリーグでも活躍し、先月の世界卓球ベスト16の鄭栄植(同19位・韓国)を4-1で破る金星を挙げ、3回戦進出を決めた。他の日本選手では、及川瑞基(同94位・専修大)、松平健太(同44位・T.T彩たま)、吉村和弘(同36位・東京アート)、森薗政崇(同33位・岡山リベッツ)、神巧也(同240位・T.T彩たま)、吉村真晴(同28位・名古屋ダイハツ)が2回戦を突破した。

29日には予選3,4回戦が行われ、4回戦に勝った選手が決勝トーナメントへの出場権を手にする。予選からハイレベルな中国OP。平野に続く日本選手の活躍に、29日も期待がかかる。

中国OP 初日 日本選手男子の結果

<男子シングルス予選1回戦>
○金光宏暢 4-2 ロメイン・ルイーズ(フランス)
5-11/11-8/11-4/10-12/12-10/11-7

<男子シングルス予選2回戦>
木造勇人 2-4 ○セドリック・ヌイティンク(ベルギー)
9-11/11-3/11-8/8-11/6-11/12-14

吉田雅己0-4 ○王楚欽(中国)
7-11/4-11/6-11/5-11

宇田幸矢 0-4 ○方博(中国)
9-11/4-11/4-11/9-11

○及川瑞基 (途中棄権) モハメド・エルベイアリ(エジプト)

町飛鳥 2-4 ○アルバーロ・ロブレス(スペイン)
11-9/6-11/11-9/14-16/6-11/7-11

金光宏暢 1-4 ○ティアゴ・アポローニャ(ポルトガル)
8-11/7-11/11-13/11-4/9-11

上田仁0-4 ○于子洋(中国)
9-11/9-11/9-11/10-12

松平健太4-1 ウェイ・シーハオ(クロアチア)
11-7/11-8/14-12/8-11/11-8

大島祐哉1-4 ○ペン・ワンウェイ(チャイニーズタイペイ)
11-9/9-11/7-11/5-11/7-11

平野友樹4-1 鄭栄植(韓国)
11-9/4-11/11-2/11-9/12-10

吉村和弘4-2 RANEFUR Elias(スウェーデン)
8-11/12-10/11-3/11-7/5-11/11-7

森薗政崇4-2 リ・ジョンシク(北朝鮮)
15-13/12-14/7-11/11-7/11-7/11-7

神巧也4-0 WISUTMAYTHANGKOON Supanut(タイ)
11-1/12-10/11-3/11-3

吉村真晴4-2 金東賢(韓国)
7-11/11-9/11-7/11-7/7-11/11-4

文:ラリーズ編集部