横須賀で火事相次ぐ 焼け跡から計3遺体

©株式会社神奈川新聞社

 横須賀市内で28日深夜から29日未明にかけて、住宅2棟がそれぞれ燃える火災が相次ぎ、焼け跡から計3体の遺体が見つかった。横須賀署が身元の特定を進めている。

 署によると、28日午後11時半ごろ、同市須軽谷、職業不詳の男性(91)方から出火したと、近くに住む女性が119番通報した。木造平屋約100平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の遺体が発見された。署によると、男性は1人暮らしで、連絡が取れていない。

 また29日午前1時20分ごろ、同市坂本町4丁目、職業不詳の男性(72)方から出火したと、近くに住む大学2年の女子学生(19)が110番通報した。木造2階建てが全焼し、焼け跡から2体の遺体が見つかった。署によると、男性は長女(29)と暮らしており、2人と連絡が取れていない。