【MLB】大谷翔平が決めた! 決勝2点タイムリーに「甘い球がきてしっかり打てた」

©株式会社Creative2

決勝打となるタイムリーを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

15日の敵地ツインズ戦以来、11試合ぶりのタイムリーが今季2度目の決勝打

■エンゼルス 6-4 アスレチックス(日本時間29日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で5試合連続でスタメン出場。9回の第5打席で決勝の右前2点タイムリーを放ち勝利に貢献した。試合後、TVインタビューに応じ、「甘い球をしっかり打てた」と語った。

 4-4の同点で迎えた9回。2死二、三塁のチャンスで右前2点タイムリーを放ち試合を決めた。勝利に導いた一打に「最後の打席もタイミングそんなに合っている感じではなかった。難しい中でしたけど、たまたま最後に甘い球がきてしっかり打てたのかなと思います」と振り返った。

 この日は第1打席は二ゴロに倒れたが、第2打席で快足を飛ばし一塁内野安打を放ち2試合連続安打をマーク。第3打席は二ゴロ、第4打席は見逃し三振に倒れていた。

 5打数2安打2打点の活躍にも「最近打てていないので、また明日切り替えて打てるように頑張ります」と、すでに気持ちを切り替えていた。(Full-Count編集部)