21年の共通テスト、大綱案公表

1月16、17日に実施

©一般社団法人共同通信社

文部科学省

 文部科学省は29日、大学入試センター試験の後継となる大学入学共通テストの1回目を、2021年1月16、17日に行うとする実施大綱案を公表した。教科・科目は現行のセンター試験と変わらず、配点は今後決める。ただ、英語は現行の筆記(200点)とリスニング(50点)を、リーディングとリスニングに改め、配点も均等にしてリスニングを重視する形にする。

 大綱案では、知識だけではなく「思考力・判断力・表現力も重視」して評価するとし、受験生を多様に評価できるよう、各大学はできるだけ多くの教科・科目を入試に活用することが望ましいとした。