ホークス首位奪回! 楽天2位転落、日ハム勝率5割で4位浮上…29日パ・リーグは?

©株式会社Creative2

22号本塁打を放った西武・山川穂高【画像:(C)PLM】

2.5ゲーム差内に上位5チームの大混戦

 パ・リーグは29日、各地で3試合が行われた。上位5チームが2.5ゲーム差内と、まさに大混戦となっている。

 ソフトバンクは京セラドームでオリックスに快勝。首位の楽天が敗れたため、一夜で首位奪回した。2-2で迎えた4回、1死二、三塁から釜元の2点適時打で勝ち越すと、9回にはグラシアルの9号ソロでダメ押し。投げては先発の大竹が6回8安打2失点に抑え、今季2勝目を挙げた。オリックスは10安打も2点止まり。3失策と守備の乱れが響いた。

 西武は青森・弘前で楽天に快勝した。3回に秋山の中前適時打、外崎の中犠飛で2点を先制。1点差に迫られた6回には山川の22号ソロで突き放し、8回には中村の適時打でダメ押した。先発の十亀は6回5安打1失点に抑えて3勝目。楽天は6安打1得点と打線に元気がなかった。ソフトバンクが勝利したため2位に転落した。

 日本ハムは札幌ドームでロッテに逆転勝ちして3連勝。勝率5割に復帰し、4位に浮上した。2点を追う7回に近藤の中前2点打で同点に追いつくと、再び1点を追う8回には代打・田中賢の右越え1号2ランで逆転。さらに、中田の押し出し四球で加点した。投げては4番手の石川直が今季初勝利。ロッテは2番手の西野が2失点、3番手の酒居が3失点と救援陣がリードを守れなかった。借金1となり、5位に転落した。(Full-Count編集部)