米国はレアアースの脱中国依存を

国防総省、報告書を議会に説明

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米国防総省は29日、軍用品や電子部品などのハイテク製品に使われるレアアース(希土類)の中国依存を減らすことを唱える報告書を議会に説明したと明らかにした。ロイター通信が伝えた。中国が貿易摩擦を抱える米国への報復措置として輸出規制に踏み切ることに警戒感が強まっている。

 29日付の中国共産党機関紙、人民日報がレアアースの対米輸出を規制する可能性を強く示唆する論評記事を掲載するなど中国内では最近、輸出規制論が高まっている。

 2004~17年に米国が輸入したレアアースの8割が中国からだったため、同省の報道担当者は「中国依存を減らしたい」と語った。