運動会で7段ピラミッドを予定

東大阪市立小、知事は反対

©一般社団法人共同通信社

 大阪府東大阪市の市立小学校で近く予定されている運動会の組み体操に、四つんばいの姿勢で積み重なってつくる7段の「ピラミッド」が含まれていることが30日、市教委への取材で分かった。

 吉村洋文府知事は府庁で取材に応じ、「重大な事故が現実に起きている。考え直す時期だ」と反対の立場を示した。府教委が対応を検討する。

 市教委によると、今週末に運動会を予定する市立小学校のうち3校が7段ピラミッドを実施する見込み。市立布施小では肩の上に立って塔をつくる4段の「タワー」にも挑戦する。