原田龍二の不倫発覚と田口淳之介の大麻所持で分かったこと 「芸能人は意外と金ない」という現実

©TABLO

近年「裸仕事」が目立っていた原田龍二氏(画像は『原田龍二「蜜愛」 デジタル写真集SPECIAL版』より

俳優の原田龍二が複数のファンと不倫関係にあったことが週刊文春で報じられています。クルマの中ばかりのデートに幻滅して文春にファンがリークしたようですが、憧れの芸能人と深い仲になって幻滅という話は筆者もよく耳にします。

「芸能人だからお金をかけてデートしてくれると思ったら大間違いです。ホテル代わりに僕の部屋を無償で貸したこともあります。世間の人が思っているほど、芸能人は金回り良くありません。金回りが良いのは、資産家のスポンサーがいる人や、副業ビジネスで安定収入にある人、CM本数が多くて稼いでいる人等、一部でしょう。一昔前までは、企業舎弟系のスポンサーがイケメン俳優に高額の小遣いをあげている話を聞きましたが、最近は、コンプライアンス上、付き合いをしない傾向が強いですから」(元有名俳優付き人)

そのCMの出演料に関しても、世間のイメージと芸能人本人の実入りには、差異があります。

「一部週刊誌で報じられているCMの出演料等は、事務所に支払われるものです。事務所の取り分が引かれ、税金が引かれると手元に残るのは少なくなります。原田龍二のように妻子がいる場合は、可処分所得がさらに予想よりも低くなります」(芸能プロダクション関係者)

参考記事:不倫の代償はでかい… 小泉今日子が豊原功補と別居報道 実は“捨てられる女”だったキョンキョンが過去に一人だけ捨てた男とは | TABLO

一方、大麻所持現行犯で逮捕されたKAT-TUN元メンバーの田口淳之介、小嶺麗奈の住まいが報じられると、「元KAT-TUNなのに、庶民的なマンションっておかしい」「有名人だから、高級なマンションに住むはず」等と炎上しています。

「収入が不安定な上に、報道が他の居住者の平穏な生活を脅かすために、審査に通りにくいので、芸能人が借りることができる賃貸物件は限られます。ある程度まとまった頭金を用意して購入しないと高級物件は難しかったりしますが、頭金を用意できるタレント、ローン審査に通過するタレントに限定されます。」(不動産業者)

予想以上に金銭的に厳しい芸能人事情ゆえ、発想の転換の意見もあります。

「タレントと付き合うより、タレント並みのルックスの医師や高給サラリーマンと付き合う方がゴージャスなデートを楽しめるかもしれません。収入不安定なイケメンタレントをめぐる金銭トラブルもよく耳にしますから」(出会い系アプリ会社 ディレクー)

原田龍二不倫関係の記者会見は明日5月31日に行われるようですが、きっと笑わせてくれることだと期待しています。(文◎土竜妹子)