渋谷駅周辺で飲酒禁止条例案

ハロウィーン対策、罰則なし

©一般社団法人共同通信社

ハロウィーン当日、混雑する東京・渋谷駅前のスクランブル交差点

 昨年秋のハロウィーンで逮捕者が出るなどトラブルが相次いだ問題を受け、東京都渋谷区は30日、この時期と年越しのカウントダウンに限り、渋谷駅周辺の路上や公園での飲酒を禁止する条例案を明らかにした。罰則規定は盛り込まず、6月の区議会で審議される。

 条例案は飲食店業者に酒類全般の販売自粛を求めたほか、音響機器で大きな音を出すことや街灯に上るなどの迷惑行為を禁止した。担当者は罰則を見送った理由を「取り締まるための態勢や予算の都合」と説明。実効性については「モラルに訴える効果を期待したい」としている。