なでしこ、精力的に練習

W杯開催地フランスで

©一般社団法人共同通信社

W杯開幕に向けた練習を見守る高倉監督(奥)=ルトゥケ(共同)

 【ルトゥケ(フランス)共同】サッカーの女子日本代表「なでしこジャパン」は30日、2大会ぶりの優勝を目指すワールドカップ(W杯)フランス大会(6月7日開幕)へ向け、フランスのルトゥケで現地入り後3日目の練習を行った。

 時折小雨が降って肌寒い中、選手は約2時間、シュート練習やクロスからの攻撃と守備を確認するなど精力的に動いた。鮫島(INAC神戸)は腰の軽い張りのため、チームから離れて調整。状態が万全でない阪口、植木、小林(以上日テレ)は別メニューだった。

 日本は6月2日にW杯前最後の国際親善試合でスペインと対戦する。