厳選!達人たちの“ココイチ”ルアー【アジング編】トミー敦(ティクト)

©株式会社 内外出版社

ココイチといっても某カレー屋ではありません!!「ここ一番で使いたい!!」ルアーをアジングのエキスパートの方々に教えて頂き、お気に入りのポイントや使い方を語って頂きます!!
これを見れば自分に合ったアジングルアーが見つかるはず!?

今回解説して頂くのはこの方!

トミー敦(とみー・あつし)さん 

アジングを極めたスーパークリエイター

圧倒的な経験値を誇るアジング界のスーパースター。第一回アジング王バトルでは、その実力を存分に発揮し見事に栄冠を獲得。ティクトの人気ワームやロッドをプロデュースするクリエイターとしての顔も持つ。

トミー敦の“ココイチ”ルアーはコレ!!

フィジットヌード2.7in(ティクト)
あえてロングなボディでアピール力を高めつつ、違和感を与えない極細のピンテールデザインを採用。ボディの凹凸を排除したこともあり、アジの口のなかにしっかりと収まるため優れたフッキング効率を発揮する。カラーは様々な状況に対応する全13色をラインナップ。

(製品スペック)
●全長:2.7in●カラー:全13色●入り数:8本●価格:オープン

あらゆる状況にマッチする究極のパイロットワーム

長くて細い!バーサタイルに実力を発揮

全国のアジングフィールドを所狭しと駆け巡るトミーさんがもっとも多用するワーム、それがフィジットヌードだ。

トミーさん「このワームとギョピンの使用頻度が特に高いですね。フィジットヌードは、釣り場に着いてまず最初に投げるワームの筆頭です」

ルアマガ+ 細長いデザインの狙いとは?

トミーさん「適度なアピール力と喰い込みやすさのバランスです。長いのでそれなりに存在感はありますが、極細で波動も微細。違和感を与えずにアピールしつつ、バイト時にはしっかりと口の中に収まるためフッキング率も高いです。このワームでアジの存在や活性の高低を判断しつつ、必要に応じて他のワームへローテーションするのがセオリーですね」

+αテクニック!

ボトムステイでオートマチックにバイト!

一般的なジグヘッドリグでの使用方法に加えて、フィジットヌードはボトムステイも得意とする。

トミーさん「ジグヘッドはアジスタのSかMがマッチ。長く極細のピンテールは、ステイ時に自発的に揺らめいてバイトを誘発。ボトムのエサを意識している状況で強い使用法です」