ヘイト対策法成立3年で会見

議員ら「差別なくす取り組みを」

©一般社団法人共同通信社

ヘイトスピーチ対策法成立から3年が経過し、記者会見する(左から)立憲民主党の有田芳生氏、自民党の西田昌司氏、公明党の矢倉克夫氏、共産党の仁比聡平氏=31日午前、国会

 ヘイトスピーチ対策法が成立から3年経過したのに合わせ、参院法務委員会に当時所属し、成立に尽力した与野党の議員4人が31日、国会内で記者会見した。「法を力に、現に存在する『差別と分断』をなくしていく取り組みが必要だ」と訴えた。

 自民党の西田昌司氏は「条例やガイドラインを設ける自治体も増えてきた」と評価した上で「選挙演説でヘイトスピーチをやる人もいた。社会的に認められない行為だと国民に認識してほしい」と述べた。

 公明党の矢倉克夫氏は「ヘイトデモ禁止の仮処分が出るなど、司法でも成果が出ている。今後も不断の努力が必要だ」と話した。