日ロ外相、首脳会談へ詰めの調整

北方領土での共同経済活動巡り

©一般社団法人共同通信社

会談を終え、共同記者発表する河野外相(右)とロシアのラブロフ外相=31日午後、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)

 日本、ロシア両政府は31日の外相会談で安倍晋三首相とプーチン大統領の会談が6月29日に固まったことを受け、北方四島での共同経済活動など首脳合意を図る案件について詰めの調整を進める方針だ。日本側は両国間の信頼を醸成し、北方領土問題を含めた平和条約締結交渉を前進させたい意向。ロシアのラブロフ外相は河野太郎外相と会談後の記者会見で、共同経済活動の実現には、日ロ間の自由往来が鍵になるとの考えを強調した。

 会見でラブロフ氏は、共同経済活動の具体化に向けた交渉に関して「良いテンポで進んでいる。内容のある報告が首脳会談までに準備できると期待している」と語った。