震災避難者、再び5万人超に

福島県の精査で判明

©一般社団法人共同通信社

 復興庁は31日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の避難者数が、5月14日時点で5万1184人だったと明らかにした。前回4月9日時点で5万人を下回る約4万8千人になったと発表していたが、福島県が避難者数を精査した結果、実際は約4千人多かったことが判明した。

 福島県によると、4月に県内自治体に要請した実態調査で、南相馬市がこれまで「不明」だった親族や知人宅などへの避難者数を2730人と報告したことが主な増加要因としている。

 避難先は47都道府県の993市区町村。都道府県別では原発事故の影響が続く福島が1万1293人で最多だった。