リコー、非公開写真が閲覧可能に

360度カメラ

©一般社団法人共同通信社

リコーの360度撮影できるカメラ「シータ」(同社提供)

 リコーは31日、撮影者を取り囲む360度を撮影できるカメラ「シータ」の画像を保存する同社のサイトに不具合があり、撮影者が非公開設定にしていた写真約120万枚が一時、外部から閲覧可能になっていたと明らかにした。

 海外の情報セキュリティー研究者が5月中旬に気付いてリコーに連絡し、リコーはすぐに不具合を修正した。氏名や写真説明が見られるものもあり、研究者はブログで「重大なプライバシー侵害」と指摘した。

 サイトは世界各国の利用者の写真を保存していたが内訳は公表していない。リコーの担当者は「実際に画像が第三者に抜き取られた形跡はない」としている。