鈴鹿8耐:新たに2組のモトブロガーとコラボ決定。ヤング割0円キャンペーンは今年も実施

©株式会社サンズ

 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは7月25~28日に開催する、2018/2019年EWC世界耐久選手権の最終戦『“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会』で、新たに2組のモトブロガーとコラボレーションすることを発表した。

 2019年も真夏の7月下旬に行われる同大会は、毎年賑わいをみせる二輪の耐久レースだ。そんな鈴鹿8耐をさらに盛り上げるため、鈴鹿サーキットは昨年に引き続き“モトブロガー”とコラボレーションしたプログラムを実施することを発表していた。

 3組の『RAMPAGE MONKEY』、『Traffic Signal』、『WokaRider』というモトブロガーのイベント出演が決定していたが、今回新たに『ANTI BCSC』、『ほねきち』の2組が追加発表された。

ANTI BCSC

 パンツ&ばった&まっつんという3人組のANTI BCSCは「初めまして、ANTIBCSCです。普段はバイクの楽しさを若い人達に伝えようとYouTubeで活動しております。こんな名前ですが先日ビッグスクーターを納車しました。鈴鹿8耐ではパソコンやスマホの画面から飛び出し、実際にみなさんとお会いできるのを楽しみにしています!」とコメント。

ほねきち

 また、ほねきちは「どうも、『ほねきち』です。YouTubeに動画をアップし、みんなに笑顔や夢を与えていけたらいいなと思いながら活動しております!これからバイクに乗りたい、免許を取りたいと思っている人達がたくさん増えてきてすごく嬉しく思っております!それでは鈴鹿8耐でお会いしましょう!」とメッセージしている。

 さらに、鈴鹿8耐の魅力を次世代につなげるため鈴鹿サーキットが実施している『ヤング割0円キャンペーン』が今年も行われる。

 このキャンペーンは、16~22歳が対象で、入場とB、Q、Rエリアでの観戦が無料で行えるものだ。申し込みは、6月1日(土)10時00分からスタートし、メーカー応援グッズ付きとグッズなしが選べる。

 受付や詳細は鈴鹿8耐公式ウェブサイトでご確認いただきたい。