26歳、転職して月収は13万円に。貯金残高が200万円を超えません

©株式会社オールアバウト

相談者は転職して1年の26歳会社員の女性。転職後から貯蓄が全く増えない状態を何とかしたいとお悩みです。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

転職をしてから貯金ができなくなりました

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。相談者は転職して1年の26歳会社員の女性。転職後から貯蓄が全く増えない状態を何とかしたいとお悩みです。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

相談者

たまさん(仮名)

女性/会社員(一般事務)/26歳

千葉県/借家

家族構成

一人暮らし

相談内容

前職のときに貯めた貯金が200万円ありましたが、転職してから毎月貯金残高が200万円を超えないままなので、ここ1年程貯蓄はできていません。時折、今の仕事を続けていてお金を貯めていけるか、転職すべきなのか悩みます。

ちなみに転職理由は接客業のストレスによるもので、現職は事務職です。残業等は一切なく、業務内容も不満がないのでできれば長く続けたいと思っています。しかし、収入が少ないので今後暮らしていけるか不安です。

今年から住民税が少し下がる試算なので手取りは14万くらいにはなります。以前は外食中心の生活でしたが今は自炊中心で、土日に外食する程度です。同年代女性よりは食べる方で、無理に食費を削ると反動で過食気味になるので食費は無理せず減らしています。

通信費は来年から端末代がなくなるので1万円台にはなりますが、両親の通信費を負担しているような契約なので、これ以下にはなりません。また、ネットサーフィンが趣味なので固定費に関しても現状変えるつもりはありませんが、安くできそうなところがあったら検討しています。格安スマホも検討していますが、両親と離れて暮らしているので通信エリアの違いなどから踏み切れずにいます。

友人との交際費に関しては、多くて月に3回ほど。転職してから土日休みになったことで時間ができ、今までよりも会う回数は増えていますが、会う回数はこれ以上にはなりません。趣味・娯楽費は上記交際費以外に趣味のライブ等が入っているので、期間中は上限を超えることもあります。今後も行きたいと思っているので、この部分は減らしたくないです。

この先結婚するのか、このままシングルなのかはあまり考えていませんが、シングルでもやっていけるように削れるところは削っていきたいと思っています。ただ、もしものときのために、入院保険等は加入を検討しています。同年代の一人暮らし、かつ事務職女性として、これは普通なのかそれとも厳しい状態なのか、専門家のご意見を伺いたいです。

家計収支データ

相談者「たま」さんの家計収支データ

家計収支データ補足

(1)家族について

・家族構成:父、母、兄(既婚、 家を出ています)

相談者コメント「仕事をきっかけに家を出て暮らしているので、実家に戻ることは考えていません。実家暮らしは両親の負担になると考えているので、避けたいです」

(2)仕事について

・現在は正社員で勤続年数は、5月半ばで1年。

・ボーナスは給料1カ月分程度(13万円いかないくらい)。

(3)車両費について

相談者コメント「月に1万円を3年払い、頭金は両親が負担してくれました。ローン残高は約5万円。車の買い替えに関しては現状考えていません。9万キロくらいまでは乗ろうと思っています(現在約6万km)」

(4)通信費について

相談者コメント「家族でパケットを分け合う契約です。料金的には両親分で3000円くらいを負担している計算です。新しいプランが始まればそちらに変えようかと思っています」

(5)趣味娯楽費について

相談者コメント「ライブは、月に多くて2回、1回にチケット代を含めると2万円以内です。1年に5、6回行きます」

ファイナンシャルプランナー深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:家計支出は優秀。あとは収入アップがカギ

アドバイス2:5万円のローンは完済して。浮いた1万円を貯蓄へ

アドバイス3:いざというときに貯蓄に手を出さないよう共済に加入して

アドバイス1:家計支出は優秀。あとは収入アップがカギ

家計管理はこれ以上どこを削るのかというぐらい頑張ってやっていますね。収入から見るととてもよく支出のコントロールをしていると思います。

万が一病気になってしまった場合に、そこから転落というパターンが多いですから、健康面は特に注意したいポイントなので、食費は現状を確保しておいたほうがいいでしょう。ご本人も無理に削ると過食気味になるという自覚を持っているので、過度な節約はせずしっかり食べたほうがいいですね。

一つ気になるのが、通信費です。現在ご両親の通信費もご自身のプランで一緒に支払っているとのことですが、厳しい状況を説明してご両親には自分たちの分を負担してもらうようお願いできるようならしたほうがいいでしょう。そうすることで、ご自身の今の契約を格安スマホなど今よりもっと安いプランへ変更することも検討でき、通信費を大幅に削ることが可能となるでしょう。

趣味娯楽や交際費などは、ライブとかへ行く楽しみがあったほうがいいので減らさなくていいです。きっとよく考えて使っていると思うので、これ以上増えることがなければ大丈夫です。

アドバイス2:5万のローンは完済して。浮いた1万円を貯蓄へ

年齢的に見ても収入は少ないほうでしょうね。でも、まだ20歳代半ばですから、本来ならこれから収入が増える可能性があると思うのですが、今の職場で今後収入が増える見込みがないとのことなら、転職や副業を考えないと貯蓄を増やすことは難しいでしょう。200万円超えはなかなか厳しいです。

それでも現状で頑張るとすれば、まずローンの残高があと5万円なので、これは一括で早く返してしまったほうがいいですね。そうすれば月々1万円の返済がなくなるので、これを貯蓄に回すことができるのではないでしょうか。それにプラスしてボーナスの13万円をすべて貯蓄に回せれば、年間25万円の貯蓄が可能になります。

生活はきちんとしているので、ローンと通信費の見直しができれば、なんとか貯蓄はできるようになると思います。それにプラスして収入を少しでも増やせれば、貯蓄は今よりもっとできるようになるはずです。残業がないということでしたが、それなら仕事が終わった後に時間が空いていると思うので、週2、3回ぐらいでも働ければ、貯蓄が増えるスピードが格段にアップしますよ。

賄い飯もついているバイト先なら、さらに夕食費も節約することが可能です。転職が難しいなら、そうした方法で収入アップを考えてみてください。

アドバイス3:いざというときに貯蓄に手を出さないよう共済に加入して

入院保険を検討しているとのことですが、できる限り早めに加入しておいたほうがいいです。いったん病気で入院などをしてしまうと現状では貯蓄に手をつけてしまうことになりますので、今ある貯蓄を減らさないためにも最低限の保障は確保しておきたいですね。なるべくコストをかけないことも大事なので、医療共済に加入するのがおすすめです。

相談者「たま」さんから寄せられた感想

この度は具体的なアドバイスをありがとうございました。支出に関しては他の方の相談をいつも拝見していて、一人暮らしならもっと娯楽費や食費を削れる、等のご指摘をいただくかと思っていたので、家計管理をほめていただけたことに安心いたしました。ご相談をさせていただいてからさらに支出を見直しており、今度両親と一緒に携帯のプラン見直しに行こうと思っています。

現在の仕事を今後も続けるかに関しては、転職する方向で考えています。深野先生からのアドバイスの、共済の加入に関する部分で、今の生活が続けられなくなったときを考えさせられたので、前向きに、無理なく続けられそうな範囲で在職しながら探してみます。あわせて内職や副業に関しても、今の会社と相談して、可能であればこの方法での収入アップも考えてみます。この度は本当にありがとうございました。

教えてくれたのは……深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文:堀内玲子

(文:あるじゃん 編集部)